先生教えてQ&A

予約制ですか?

予約なしでも診療できますが、予約を頂いたほうが優先的に診察を受けることが出来ます。時間の余裕がないときなどは便利です。【状況に応じて待ち時間が出る場合があります】

最近目の前に黒いものがちらちら見えますが、放置していてよいでしょうか。

ご質問の内容で考えられる症状は「飛蚊症(ひぶんしょう)」と呼ばれ、眼の中に何らかのにごりが生じ、このにごりが網膜 (光を感じる部位)に影を落とすことにより生じるものです。多くは心配のないものですが、眼底検査を行うことにより、時には網膜剥離 (もうまくはくり)あるいはこの前段階である網膜裂孔(もうまくれっこう)という病気が見つかることがありますので一度眼底検査をおくなうことをお勧めします。

近視と遠視?

近視は、目で見たものが角膜や水晶体を通過する際に屈折率に異常を来たし、網膜の前方で焦点が合ってしまう現象。また眼の軸長が長かったり、水晶体が厚すぎて網膜の手前でピントがあってしまう状態を一般に前者は軸性近視、後者は屈折性近視と呼ばれます。

遠視は、遠くが良く見えて、近くがぼやけてしまう、近視の反対だと思っている方が多いようですが、実際のところ目に入ってきた光の焦点が網膜より後ろであってしまい、近くの焦点も合わない状態です。 

乱視とは?

乱視とは角膜と水晶体のゆがみによってひきおこされます。光を屈折させるこれらの部分にゆがみがあると、網膜に焦点が合わず遠くも近くもぼやけてしまいます

乱視の場合、ソフトコンタクトレンズはダメでしょうか?

ソフトコンタクトレンズにも乱視矯正用がありますが、乱視の程度を調べる必要がありますので詳しくは検査を行ったうえで判断します。そのときの乱視の程度によってレンズが異なります。

コンタクトレンズによるアレルギーの原因はなんですか?

コンタクトレンズによるアレルギー性結膜炎は,レンズによる機械的刺激やレンズに付着した変性蛋白などが原因となります。上の瞼の裏側に隆起物が多数できるのが特徴です。レンズが曇る,上にずれる,目やにが多いなどの症状のある方は要注意です。

コンタクトレンズの使用で充血や痛みがあります?

角膜の表面に細かい傷がついていることが多くみられます。(角膜上皮障害といいます。)特に、ドライアイの傾向のある方は、角膜とコンタクトレンズの間の涙液の層が薄いため、角膜により傷がつきやすくなります。 また、装用時間など、間違えた使い方をして、目に負担がかかり、角膜の上皮が大きくはがれてしまうこともあります。充血や痛みがあるときは、コンタクトレンズをすぐはずして、眼科医の診察を受けましょう

コンタクトレンズ装着で目に傷が入りました。原因は何でしょうか?

コンタクトは目に取っては異物ですから、コンタクトレンズを目にいれている以上、どなたにでもキズがつく可能性はあり、傷が入る原因としてはいろいろありますが、目の乾燥・レンズの汚れに起因するのが一般的です。ひどくなる前に眼科医の診療を受けましょう。